アルバイト代が出たら恒例のファッションヘルス通い、それを断られてしまって本当に驚いてしまいました。
彼は一緒にファッションヘルス通いを始めてからというもの、断ったことなど一度もなかったのです。
何時だって思いっきりノリノリの状態で一緒に出かけていったのですが、今回は遠慮するとの事でした。
体調不良なのかと思っていたのですが、見た感じは元気いっぱいでした。
珍しいこともあるもの他のと思ったのですが、何となくその理由が知りたくてしかたがなくなってきてしまいました。
「なにか用事でもあるの?」
「そういうわけじゃないんだけどね!」
「いつもあんな楽しみにしてたじゃない」
「実はさ、ちょっと違った楽しみを見つけちゃったんだよね」
別の楽しみを見つけてしまった、それはヘルスよりもはるかにいいものなのか?って感じでした。
素敵な女性に快楽を与えてもらう、これ以上に素晴らしいことはないと思うのです。
しかしそれを断ると言うのだから、もっともっと素晴らしいなにかを見つけてしまったのかもしれないと考えました。
「それって彼女かなにか?」
「いやいや、彼女なんて夢のまた夢だからね。
だけどさ、素人に気持ちよくしてもらう方法が分かったんだ」
素人に気持ちよくしてもらう、このキーワードには飛びついてしまったのです。
もちろんヘルスで働くプロの女性のテクニックは最高ですが、やはり素人の方が心が燃えるものがあります。
素人に気持ちよくしてもらう、それが叶うのだったら、なによりも最高じゃないかと思いました。
「それってなに?」
「口割してくれる女の子を見つけてトイレフェラしてもらうんだよ」
このように話してきたのです。
正直彼がなにを言おうとしているのか、この時点ではさっぱり分りませんでした。
しかし話を聞いていくうちに、それがどんなにワクワクするものなのかが分かってきたのです。

 

手軽にフェラ抜き女を探すなら迷わずココ!
プチ援サイトBEST5
定番サイト登録無料